世の中には「良い借金」と「悪い借金」の2つしかありません

「お金を借りることは悪いこと…」
「だけど借りないと明日の生活費が足りない…」

もしあなたがこんな事で悩んでいるのなら、まずは生活のため生きるためにもお金を借りても良いかと思います。

世間が何て言うかは分かりませんが、僕はお金を借りる行為自体には悪いも良いもないかと思っています。

むしろ、お金を借りること自体よりも、今から借りようとしているお金が「良い借金」なのか「悪い借金」なのかを考えて欲しいんです。

あなたがお金を借りるとき「一体何の目的で借りようとしているのか?」

そこに「良い借金」と「悪い借金」の分かれ道がみえてきます。

 

お金を借りることで今の生活を切り抜けられることもできるんです

「サラ金に手を出してまで何でお金を借りたの!」

なんて世間では言うかもしれませんが、実はそんな事は関係ありません。

彼らは自分の意見こそが正しいと思いこみ、良かれと思ってアドバイスをしたつもりになっていますが、そんなものは目の前の苦しみの前では何の役にも立ちません。

大切なのは今をどうやって切り抜けるか?

もちろん、親や友達からお金を借りるのも一つの方法ですし、カードローンからキャッシングするのも一つの方法です。

大切なのは「どうやってお金を借りて、そのお金を返済して行くのか?」あなたがどこまで計画を立てられているかです。

確実に返済できる計画性があるのであれば、今の苦しい状況を切り抜けるためにもお金を借りることは決して悪いことではありません。

 

今のカードローンなら金利も安く返済の相談も気軽にできます

もしかしたら、あなたはそれでも消費者金融や銀行からのキャッシングに踏み切れないでいるかもしれませんね。

確かに、消費者金融や銀行が、毎月どれくらいの利息が発生し、もしも返済ができなかったときはどうなるのか?

こんな事を考えたら、不安でキャッシング審査を申し込むのに躊躇してしまうかもしれません。

ですが、実は最近の消費者金融や銀行が発行するカードローンはとても金利が安く、毎月の返済も安心して続けられる仕組みができあがっているんです。

ポイント1「毎月の金利が安い」

最近のカードローンは金利が高いところでも、年率4.5%~18.0%という低金利になっています。

数年前までは29.4%という高い金利でしたが、今では半分くらいの金利に下がりました。

そのため年率18.0%で10万円を借りたときの1か月の利息は約1500円で済む計算になります。

つまり、毎月の返済計画さえ立てておけば、あなたもムリなく借りたお金を返せるようになるんです。

 

ポイント2「返済の相談も気軽にできる」

それに、最近のカードローンは、もしも返済に困ったときがあっても安心です。

具体的には、返済期日を待ってくれたり、当月の支払いを金利分だけに抑えてくれるなどの対応をしてくれるので、昔とくらべて安心感がかなり違います。

そのため、もしあなたが借りたあとの返済に不安を感じていたのであれば、今のカードローンならそこまで心配する必要はありません。

毎月の返済計画を立てて、正しいお金の借り方をすれば、あなたの今の生活のピンチもうまく切り抜けられるようになるんです。

 

お金の問題で解決できない問題はありません!

最後に、あなたにしっかりと伝えておきたい話があります。

それが

「お金の問題で解決できない問題は絶対にない!」

ということです。

 

仮にあなたが生活費が足りなくて困っていても、親や友達に相談したり、カードローンなどを利用すれば解決します。

また、万が一、毎月の返済に困ったことがあっても、あなたが早めに相談をすれば、金利の見直しや返済期日を待ってくれるのが今のカードローンです。

それに、本当に毎月の返済もできなくて、借金で首が回らなくなったとしても、最後の手段として債務整理という手続きも残されています。

だからこそ、お金に関して解決できない問題は絶対にないんです。

 

ただ、問題を解決するためには絶対に守らないといけないルールが一つだけあります。

それが「あなた自身が行動する」こと。

たとえ問題を解決する方法が目の前にあったとしても、あなたが行動を起こさない限り、問題は絶対に解決しません。

もしあなたが今の現状を本当に何とかしたくて、少しでも状況を改善させたいと思うのであれば、

迷わず今すぐ行動に起こして下さいね。